株式会社グルコム
集客・売上

新規制作・リニューアル制作・既存ウェブサイトの3種別で考える集客方法


 

ここ数年はコロナの影響もあり、今までの会社の体制や営業手法を変化していく。ことが必要になってきていますね。
グルコムへの問合せも、集客に関する要望が多く寄せられています。

 

・対面での営業が難しくなったので、ウェブサイトでの集客強化を行いたい
・既存事業の売り上げ減少のため、ウェブサイトからの問合せ数を増やし営業強化したい
・新規事業を立ち上げるため、そのサイト制作・運用をお願いしたい

 

などの問合せをいただいています。
こんにちは、グルコム武本です。
今回は、新規制作・リニューアル制作・既存ウェブサイトの3種別で考える集客方法 ということで記事を書いています。

 

・新規でウェブサイトを制作する場合
・既存ウェブサイトからリニューアルする場合
・既存ウェブサイトを一部改変して集客力をつける場合

 

と3種やり方が違いますので、そこら辺を説明していきます。

 

新規でウェブサイトを制作する場合

新規制作の場合ですが、ウェブサイト企画・構築時に

 

・ブログシステムを導入する
・どういった記事を書いていくか最低でも1年分の企画を考える
・SNSはやらない
・Googleアナリティクス、サーチコンソールを導入する

 

ことが大事です。
3項目のSNSは、必要はないです。
まずは自社サイトの運営に注力。余裕がでたらSNS運用の検討。という感じでしょうか。
(飲食店、美容室等の店舗ビジネスの場合はその限りではありません)

 

よくあるケースとして、自社サイトの立ち上げから、フェイスブック、インスタ、ユーチューブなど同時進行で進めてしまい、全てが中途半端に・・・。
更新・運用は非常に労力がかかります。
そして、そこから集客していくためには、プラスして知識とノウハウが必要になります。

という背景を鑑みて、まずは自社サイトの運営に注力しましょう。
グルコムで運用する場合のケースを挙げてみると、

 

・ウェブサイト制作〜公開
・運用開始(内部SEO施策、コンテンツ制作実施)
・6ヶ月〜12ヶ月 集客ができ始め、問合せが徐々に増えてくる
・上記状況をみて、リスティング広告の検討〜実施

 

という流れが多いです。
ここら辺の判断は制作会社、ウェブマーケティング会社とよく相談の上、ステップアップしていきましょう。

 

既存ウェブサイトをリニューアルする場合

リニューアル制作の場合ですが、まずはリニューアル前の既存ウェブサイトの集客力をうまく引き継ぎましょう。
具体的には、既存URLのリダイレクト処理などがありますが、その他にも、どういったキーワードで集客できているか。が把握(サーチコンソール)できるのであれば、リニューアル時の内部SEO施策、運用に役立てていきましょう。
リニューアル時に気をつけることは、

 

・既存ウェブサイトの調査、引き継ぎ検討
・ブログシステムを導入する
・どういった記事を書いていくか最低でも1年分の企画を考える
・SNSの運用検討
・Googleアナリティクス、サーチコンソールを導入する

 

リニューアル制作の場合は、既存サイトの状況、リニューアル目的により企画内容が変わってきますが、
集客を意識するのであれば、上記項目は必須になります。
グルコムで運用する場合のケースを挙げてみると、

 

・ウェブサイト制作〜公開
・運用開始(内部SEO施策、コンテンツ制作実施)
・1ヶ月〜3ヶ月 既存ウェブサイト集客力の引き継ぎ期間
・1ヶ月〜3ヶ月 問合せ状況次第でリスティング広告の検討〜実施
・ウェブサイト自体の集客・問合せ成果、リスティング広告成果を確認。随時改善していく

 

という流れが多いです。
ウェブサイトの集客状況を随時確認して、調整(導線、コンテンツ等)を繰り返していく。ということが大事です。

 

既存ウェブサイトを一部改変して集客力をつける場合

既存ウェブサイトをそのまま運用する場合ですが、大きくわけて2種あります。

 

・そもそもウェブサイトに集客力がない
・集客力はあるが、なにかしらの問題で問合せが少ない(ない)

 

まず、前者の場合ですが、予算やサーバースペックの問題で、既存サイトをあまり改変できない場合があります。
例:ブログシステムを導入して集客の土台を作りたいところですが、そうもいかない。というケース。
こちらの場合は、

 

・既存ページ一部リニューアル or ランディングページ制作
・お問合せフォーム改変および新規設置
・リスティング広告の運用検討〜実施

 

上記になります。
集客力がないウェブサイトで内部SEO対策などを行っても、効果がでる期間が他のサイトに比べて大変長くかかる可能性があります。また、効果がでない、可能性もありますので、リスティング広告からの集客〜問合せに注力する。流れになります。
ある程度の改変対応が可能な場合や、ブログシステム導入が可能は場合は、そちらの導入を検討し、内部SEO施策・コンテンツ制作に注力しましょう。

後者の場合は、

 

・アクセス解析等の現状把握
・導線改善
・コンテンツ改善
・問合せフォーム改善(コンバージョン対象ページ)

 

など、状況により改善の手を加える必要があります。

 

・ウェブサイトの改善項目の洗い出し
・改善実施
・1ヶ月〜3ヶ月 改善状況の把握(状況により随時改善)
・リスティング広告の運用検討〜実施

 

主に3項目を繰り返して精度を上げていく。作業になります。

 

まとめ

ウェブサイトの集客で難しいのは、同じ業種でも会社が違えば集客方法が変わる。ということです。
ここら辺は、経験と知識が必要になります。
グルコムで大事にしているのは、まずは自社サイトで集客の流れを作ること。
その後、

 

・リスティング広告
・SNS運用

 

等の外部サービスを検討する。
ということを大事にしています。

株式会社グルコムについて

私たちは、ウェブ制作・ウェブマーケティングサービスを提供して、12年以上の実績がある会社です。 これまでの経験を活かし、ウェブ制作・運用・集客・SEO対策や、セミナー・ウェブ担当者向け教育サービスなどをお客様にご提供しています。