株式会社グルコム
集客・売上

そのWebサイトの導線は大丈夫?


161003

 

さて、商品を買おう・・・と思ったら、
レジはどこ???

 

案内板を見ながら、
目の行き場に困る、女性下着コーナーを突き抜け、
子供服、雑貨コーナーを歩き、歩き、
やっとたどり着いたら、

 

レジの担当者がいない・・・
まぢ???

 

チリーーーン を押して
担当者が来たと思ったら、
レジの設定に、ガチャガチャ、小銭の準備でチャラーーン、ジャラジャラ

 

やっとバーコードリーダーで、
ピッ!と。
店員「袋入りますか?」
お客「お願いします」

 

ピッ!・・・
2円追加・・・
お客 心の声(有料なら先に言ってくれ・・・)

 

店員「ありがとうございました〜!」

 

まぁ、二度目は余程のことがない限り、
このお店に行くことは無いですよね。

 

上記は実店舗ですが、
Webサイトでも、同様のことが起こっています。

 


見たくも無い バナー群
やたらとテキストリンクを貼った ページコンテンツ
問い合わせをしたいと思ったら 中々見つからない問い合わせ窓口
購入直前で知らされる 配送料


 

Webサイトの場合、
実店舗と違い、対面でのコミュニケーションが無いので、
ユーザーとの関係性にどうしても距離ができてしまいます。
その状態で買い物をしているユーザーの心理は、
まさに、上記の実店舗状態。
クレーム、文句の一つも言ってくれれば、改善のキッカケになるのですが、
関係性の少ないユーザーですから、
そんな事を言うのも面倒、、、
黙って他社サイトで買い物をしてしまいます。

 

一度自社サイトを見て、
何クリックで問合せ、資料請求などの目的最終ページにたどり着けるか?
入力項目はわかりやすく、入力しやすいか?
そこまでの動作で邪魔をしている情報、リンクなどはないか?

 

検証してみることが大事です。
Webサイトは、運営をしながら、改善、情報を追加し、
ある時には、整理、リニューアルが必要です。

 

アクセス解析が入っていれば、
ネックになっているページがどこか?
定期的にチェックすることが大事です。

mlmgbnr

株式会社グルコムについて

私たちは、ウェブ制作・ウェブマーケティングサービスを提供して、12年以上の実績がある会社です。 これまでの経験を活かし、ウェブ制作・運用・集客・SEO対策や、セミナー・ウェブ担当者向け教育サービスなどをお客様にご提供しています。